連携事業

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成30年1月11日木曜日8:50~10:20

東北学院大学教養学部

地域構想学科の柳井雅也ゼミの学生さんを相手に<地域政策論>という事で

仙台・宮城県内で行っている小職の

【まちづくり】活動の20年の歩みと

@お宮町地域情報編集局 038Pressの仕掛

@仙台市中心部商店街活性化プログラム

を題材に,

そこに関わる人材育成について

特別講師として講義をして参りました!

 

以下は講義風景【千葉富士男編集長】

仙台市生涯学習支援センター

仙台市生涯学習支援センター

平成29年11月1日水曜日の夜は,仙台市生涯学習支援センターにて,

【学びのまち仙台】市民カレッジ地域づくり支援応用講座

〜助成金を申請する方法〜と題して,

地域づくり団体の目指すべき将来像を自ら考える方法を探るお話しを,

講師としてさせて戴きました❗️

講師:お宮町地域情報編集局 編集長 千葉富士男

 

仙台市幸町市民センター 平成29年度幸町生涯大学

平成29年度幸町生涯大学(全10回)の第5回目

日時:9月21日(木)10:00~11:25

 場所:幸町市民センター 1階 会議室

 内容:講話「地域のお宝さがし~東照宮周辺」

 対象:60歳以上の方50名

講話「地域のお宝さがし~東照宮周辺~」

038PRES(おみやプレス)編集長

千葉 富士男 氏

仙台東照宮を起点として埋もれた地域資源を中心に,資料や写真を見ながら講義してまいりました!

仙台市幸町市民センター さいわいお散歩日和

さいわいお散歩日和(全4回)の第3回

日時:9月25日(日)10:00~12:00

場所:JR東照宮駅または東照宮に集合して、東照宮周辺・万寿寺・高松の丘あたり

内容:「おとなりのまち宮町~仙台東照宮と骨董市」ガイドウォーク

対象:成人20名

講師・案内役

038PRES(おみやプレス)編集長

千葉 富士男 氏

2時間30分に渡り,仙台東照宮を起点として

9/2 御宮町 タイムスケジュール

9:50 集合 花京院スクエア(ご挨拶、講話10分)

10:00 出発

 ↓ 移動12分(700m)

10:15 到着

鈴憲味噌醤油醸造(2階の見学、買物他15分)

※A班のみ(A班:65歳以上、赤ちゃん連れのご夫妻)

10:30 出発

 ↓ 移動3分(180m)

10:35 到着

阿部幸商店(講話、買物15分)

10:50 出発

 ↓ 移動3分(180m)

10:55 到着

セブンイレブン仙台宮町店(トイレ休憩5分)

11:00 出発

 ↓ 移動10分(800m)

11:10 到着

梅田川・延壽院(参拝、講話15分)

※先に参拝していただき、B班到着を待つ

※A班、B班合流

11:25 出発

 ↓ 移動5分(220m)

11:30 到着

仙岳院(散策、講話10分)

11:40 出発

 ↓ 移動6分(230m)

11:46 到着

仙台東照宮(講話10分、挨拶・アンケート5分)

12:20 終了

 

 

 

政宗公生誕450年記念歴史体験イベント                 ~伊達家が畏れた東照宮とそのお宮町をめぐる~

 

【開催報告】

平成29年9月2日(土)に450年記念歴史イベント第5弾「伊達家が畏れた東照宮とそのお宮町をめぐる」を開催します。

承応3年(1654年)に二代目藩主伊達忠宗公が創建した東照宮。その「御宮町」として発展してきた宮町近辺は、仙台みそなどの商店や四ツ谷用水など、歴史を感じさせるものが数多く残っています。

今回は、この地域の歴史をよく知る『038PRESS(おみやプレス)』編集長・千葉富士男氏をガイドに迎え、お宝話をたっぷりと聞かせていただきます。

博識な千葉さんの解説と共に、一緒に「御宮町」を歩いてみませんか。

 

■日時

平成29年9月2日(土)9:50~12:00

■集合場所

花京院スクエア1階入り口付近(仙台市青葉区花京院1丁目1番20号)

■行程

花京院スクエア→安藤家住宅・鈴憲味噌→阿部幸商店→梅田川→延寿院→仙岳院→仙台東照宮→解散

■講師

千葉富士男氏:038PRESS(おみやプレス)編集長。

※『083PRESS(おみやプレス)』:「お!宮町地域情報編集局」が発行している、地域密着型の情報共有フリーペーパー。2011年3月創刊。

■参加費

2,000円

■定員

20名

※現在満員のため、キャンセル待ちでの募集となりまました!

■申し込み及び問い合わせ先

仙台ふららん事務局(電話:726-0341)

 

■詳細についてはこちらをご覧ください

商店街連携事業

ブラタモリで注目の八幡町 有志がマップ作製

平成28年12月8日に発表されたMap。

当日は「八幡町商店街まちあるきマップ」発表会と「商店街サミット」が開催されました。

 パネルディスカッションは東北文化学園大学 佐藤副学長がファシリテートし、お宮町地域情報編集局の千葉富士男編集長が、【まちづくり】の現状と展望を語りました。また、宮町・なかやま・長町の商店街関係者の皆様による、各商店街の事例発表が行われ、宮町商店街振興組合理事長佐藤広行さんからは、賛助会員という、商店主以外の加入を認める新たなる試みが紹介されました。

<お宮町地域情報編集局>より千葉富士男編集長のほか、針生英一さん、高橋孝敏さんのほか、宮町商店街振興組合からは佐藤広行理事長ほか、多くの組合員が参加。

「八幡町商店街まちあるきマップ」は仙台市青葉区の八幡町商店会の有志が、加盟店と地域の魅力を伝える地図「八幡まちあるき」を作った。物販店、飲食店、不動産業、開業医などと歴史遺産をカラー写真で紹介。テーマ別お薦め散策コースも盛り込んだ。スタッフは「買い物や街歩きに活用してほしい」と話している。

◎四ッ谷用水、へくり沢…歴史や自然 3コース提案

 マップはA3判で折り畳める。商店会に加盟する32店の営業時間や特色をまとめ、大崎八幡宮や龍宝寺、三居沢大聖不動尊などを載せた。

 散策コースは、「四ツ谷用水・地形巡り」「神社仏閣・歴史的建造物」「広瀬川情景探訪」を提案。渓谷「へくり沢」や、本年度の土木学会選奨土木遺産に認定された四ツ谷用水などを巡る。NHK番組「ブラタモリ」にも取り上げられ、注目度の高いエリアだ。

 商店会の別組織で6月に結成した「八幡町商店街ファンコミュニティ」のメンバーが取材、編集を担当。青葉区の東北文化学園大と系列専門学校の教員らでつくる「八幡町応援隊」がデザインなどで協力した。

 商店会とファンコミュニティの副会長を務める星聡さん(51)は「地図作りを通じて歴史や自然に恵まれた地元の良さを再発見できた。ファンの裾野を広げたい」と話す。

 ファンコミュニティのフェイスブックにアクセスできるQRコードも掲載。1万部刷り、掲載店や大崎八幡宮などで配っている。連絡先は同コミュニティ070(5620)4714。

 

商店街サミット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年12月08日(木)20時〜22時

八幡町商店まちあるきマップ発表会・商店街サミット
【パネルディスカッションの様子】

 社会的課題、地域課題が増す現在において、それらの解決を税金や市場原理だけで解決することは既に限界と思われる。そこで、それら社会的な課題解決の担い手である【サードセクター】と言われるNPOや地域の担い手たちが生み出す「社会的インパクト」を可視化し、その先に、【民間が担う公共】や、【セクターを超えた連携】により、地域課題を解決に結びつけようという民間発の「想い」が発露された。
 仙台市八幡商店発の活動に、宮町商店や中山商店、長町商店が呼応し、連坊商店も参加して、各々の活動の報告や、メディアを賑わせた最新のお話やノウハウを情報共有。
 参加した方々は皆一様にインパクトを感じ取り、交流の輪があちこちで生まれた。

【小職も「稚拙な話」をさせていただきました】
 ・商店は担う人材をどう育てるかが鍵
 ・地域課題解決には、「よそ者馬鹿者若者」をどう呼び込むか
 ・「ヒトモノカネ仕組み」をセクターを超え呼び込み活用
 ・持続可能なは、継続して人を育くむ仕組みが必要

SNS シェア